子どもはどうやって英語を習得するの?

小さい頃から英語を習っていても指導の仕方によって身に付く場合と全く身に付かない場合があります。小さい時から英語に触れさせればOKという問題ではありません。 ファミリー英語教室の場合、フォニックスで発音を覚えた後にリーディングに入ります。読んだ本は全てノートに書き写します。多い子で1年間に40冊以上の本を読み書き写しています。多読をする事により、大人が日本語で英文法を習い日本語から英語に置き換えて考えるという事を子どもたちはしません。正しい英文が自然にリズムと感覚で身に付きます。私はどのクラスも英文法をまだ教えていません。しかし、リーディングレースを行っているクラスの子どもたちは確実に正しく英文を考える力が付いてきています。

今回はその中でも希望者だけ(6歳から8歳)が、実務英検5級に挑戦します。英検5級というのは中学生1年生レベルの英語力テストです。興味のある方は書店などで5級の本を開いてください。ファミリー英語教室でコツコツ頑張れば、確実に英語力は身に付きます。私は決して無駄な勉強方法をHWには出しません。HWだけは確実に復習ノートに書いてある通りにこなしてください。語学はHWをとにかく出せばOKという考えでは絶対に身に付きません。

2007年9月

Posted by AyanoNozaki