July 16 2003

今日は生憎の曇り空。7時に起きて朝食は勿論持参のフレークとフリーのモーニングコーヒー。今日はカナダまで「霧の乙女号」に乗るためナイアガラの滝を見に行くのだ。

荷物を詰め込みモーテルを出たのが9時50分。ひたすらルート81を北に進みルート90に入る。この辺から雲の色がかなり灰色になったと思ったら、いきなりの大雨。いきなり前が真っ白状態で運転不可能に..何とか雨雲を抜け太陽の晴れ間が見え始めた。


毎朝詰め込むのに必死


カナダ側への車での入国は凄く簡単。ひらりなんてアメリカ国籍だから勿論顔パス!無事カナダに入国し(3時)いよいよナイアガラの滝、霧の乙女号だ。車を近場に置き、カータンには少しお留守番してもらって3人でトコトコ乙女号に向かった。

並ぶ事無く直ぐに船に乗り込めた。アメリカ側の滝の近くに来たら凄い滝しぶき。ひらりもマミーもベタベタ。ビデオ片手のダディーもビデオを撮るのを諦めた。カナダ側の滝はアメリカ側に比べて2,3倍の大きさだった。その分滝しぶきも半端じゃない。「ここは大雨注意報」とばかりの大しぶき。

乙女号を降りてダディーがカータンを駐車場まで迎えに。それからは3人と1匹でお散歩。ここではあまり犬ずれ観光客を見なかった。どうしてだろう???



カナダ入国検査


霧の乙女号 made of mist

5時過ぎカナダを出発しNYのバッファローのモーテル6に向かう。モーテル到着6時。今日は身体障害者用の部屋が空いていなく泣く泣く2階部屋へ。何せ自炊道具を持ち歩いてるから、とにかく凄い荷物を2階に運ぶのは本当に大変だ。

何とか全部運び夕飯。勿論自炊。今日も冷凍うなぎとバーベキューの残りにキャベツの千切り。そして豆腐の味噌汁。今日も結構豪華食卓。

明日からいよいよ国立公園でのキャンプが始まる。雨が降らないといいけど。


Naiagara展望台


US入国検査


今日の移動ルート

今日の費用:
ガソリン−$23.04 (NY
価格)
高速代−$6.60
橋代−$1.00
お土産代−$21.58(家族用写真立て)
霧の乙女号−$16.60
宿泊代−$61.14
合計−$129.96
ガソリン代抜き価格−$106.92
燃費:22.44/Gal


走行距離:

感想:
ナイアガラの滝の偉大さは、霧の乙女号に乗ってかなり感動した。 ベタベタになる価値大有り!

旅の1ポイントアドバイス:
モーテルに泊まる時は身体障害者専用の部屋を予約しよう。なぜなら車椅子の為、バスルームが広いし、シャワーが日本のように手で持って使うことができる。それに絶対に1階だから車を部屋の前につける事ができる。