子どもの気分が乗らないときどうする?

子どもなのでクラス内容によっては、得意不得意又は大変な時がありますが、その時嫌になっても、それは一時的なものだというのが大半のケースです。だからと言って将来英語が嫌いになる事はほぼ無いです。そういう時期は、HWなど休憩できるものは少し休憩して、本当にやっておかないといけないHWだけやるとか、いつも10やる所を5にするなどして、お母さんが調整してあげてください。そういう時はこちらに一言言って貰えれば、こちらもそのようにクラスで対応します。普段しっかり出来ているの分蓄積されているので、少しくらい休憩しても全く分からなくなることはありません。

特に土曜日クラスに限っては、他の英語教室の小学生に比べるとかなりの英語力が付いています。一生懸命やった証です。しかしここで英語から離れると今まで蓄積された英語力はあっという間になくなります。小さい時に少し覚えたからと言って、大きくなって英語をはじめた時に出てくる事など99%ありません。今度は0からではなくせいぜい1からスタートになるだけの違いです。英語はこれからの子供たちにとっては格差社会の上で最低限必要な手段です。(特技ではありません)どんな形にせよ、英語学習は子どもの将来の為に続けることを強くお勧めします。

2007年6月

Posted by keisukenozaki