大学入試が変わります

現在、大学入試英語が外部試験の活用をするかどうか機論が交わされています。今年3月末、日本英語検定主催の「大学入試改革と外部検定試験の活用」セミナーに参加しました。結局、「今の日本の英語教育では英文を読む力は備わるが、コミュニケーション力が全く身につかない。」「小学校からの英語教育を見直すべきだ。」そして「大学受験の読み書き文法の英語から、コミュニケーション力がテストに入っている外部機関のテスト結果を大学側に提出する。」というような内容のセミナーでした。
セミナーは3人の先生方からの報告会。
一人目は「グローバル化に向けた英語教育改革実施計画」と大学入試についての報告を、文部科学省から:田渕エルガ先生(文部科学省 初等中等教育局 国際教育課 外国語教育推進室 室長
二人目は「TEAP と今後の日本の英語教育」:吉田研作先生(上智大学 言語教育研究センター長 教授
三人目は私の大好きな「大学入試が変われば英語教育はこう変わる!~今こそ、変えろ!~」 :安河内哲也先生(一般財団法人実用英語推進機構代表理事・東進ハイスクール英語科講師
三人の先生方の話をお聞きして、吉田研作先生と安河内哲也先生のお話には私もうなずくものがありました。それは、日ごろから私も保護者の皆様にお伝えしている、ファミリー英語教室の英語指導方針が、「学習塾などの入試や学校英語ではなく、世界のどこの国に行っても困らない英語でのコミュニケーション力、それは世界を理解すること。先ず世界の文化や習慣を知り、受け入れる事」と言う内容。しかし、文部科学省からの田淵エルが先生の小学校英語の進め方の話を聞く限り、小学校の英語活動内容レベルが低すぎると感じました。小学校で楽しく歌ってゲームして、単語発音をみんなでやっているような英語だったのに、急に中学で読み書き文法に変わり、そして受験で外部テストの合格点で判断するとなるのであれば、小学校からファミリー英語教室みたいな英語レベルでなければ外部テストで点数を取るのは難しいと思います。コミュニケーション力は、先ず英語を聞き取れる耳が必要。聞き取れる耳を作るのには、テスト前に勉強するだけでは出来ない。小さいころから英語に接する機会が必要だと思います。日本に住んでいて、英語で会話をしない日本人の両親が育てている子供が英語を出来るようにするにはインターに行くか、英会話を丸暗記するしかないと思います。そして丸暗記した英会話を使う場所が必要です。(out put)
ファミリー英語教室でもクリスマス会参加者の保護者アンケートに「どうして英語を学ばせていますか?」という質問があります。殆どのご父兄の回答は「これからの子供たちには、英語が世界の共通語として必要不可欠だから。」といった回答が書かれています。ファミリー英語教室で中学生はHillaryとMomokaの二人だけ。ファミリー英語教室は今年で九年目の教室なので、年齢の高い生徒がたくさんいた訳ではないけれど、Momoka以外の生徒達は全員小学校卒業と共に学習塾に英語勉強移行しました。学習塾ではファミリー英語教室の年少さんが勉強するABCからスタートです。お母さん達はお子さんが当教室で英語力を身に付けたにも関わらず、ABCからにお金を払います。だったら、最初から学習塾に行けばいいと思います。「英語でのコミュニケーション力が必要」と言っていても、成績が出る英語が始まり、部活で忙しくなれば、「これからの子供たちには、英語が世界の共通語として必要不可欠だから。」の言葉はどこかに行ってしまい、紙の上の英語にお金と時間を掛けるのです。なぜなら、ご父兄が紙の上で英語勉強をして大人になったからです。
ファミリー英語教室では、英検前の通常クラスと英検対策クラスでしか学校英語(テスト英語)は教えない。だけどMomokaもHillaryも英語の成績は物凄く良いです。その理由は、ファミリー英語教室でしっかり基礎からライティング、リーディング、リスニング、コミュニケーション力を身に付けているから。彼女たちは学校のテスト範囲をひたすら暗記しなくても問題が解ける。それに、殆どの生徒が中学に入ると同時に退室していく中、現在も教室に通ってくれているMomokaのお母さんは、私がずっと言い続けている「コミュニケーション力の重要性」を他人に流されず本当に理解してくれているのだと嬉しく思います。私は10年後の子供たちが「良かった」と思えるように今、英語を教えています。英語でのコミュニケーション力で悔しい思いをした人、英語が出来て得をした経験のある人にしか私の「10年後の英語力」は理解しにくいかもしれませんが、これからの英語は私やご父兄方が学んできた英語レベルでは通用しない事を分かってほしいです。そしてファミリー英語教室が、学習塾や学校英語とは全く違う「英語」を学ぶ場所だと理解してもらえたら、私が必死に英語を教えている事が救われます。

Posted by AyanoNozaki