ファミリー英語教室のプレゼンテーションは子供たちの将来に大きく役立ちます

2020年のオリンピック開催地が東京に決定! 昨日からこのニ ュースでいっぱいです。今朝のワイドショーを見ていて思ったのが 、日本人の英語力とプレゼンテーション力。

まずは、プレゼンテーション力。パンチが無いですね。母国語では ないせいなのか、プレゼンテーションと言う場に慣れていないせい なのか、一生懸命英語を覚えて、スピーチしているのは分かります が、説得力がない。

次は英語力。今朝のワイドショーで耳にしたのが、「Lobbin g」日本語ではロビー活動。私も実は初めて聞いた言葉なんですが 、ロビーで交渉する行為の事を言うそうです。日本人オリンピック 関係者は、今回ロビー活動を必死に行い、その成果が出たのでは? ?っとワイドショーは伝えていました。

世界各国の関係者に対してロビー活動をするのだから、もちろん公 用語は英語だと思います。英語でのコミュニケーション力ってどん な場面でも必要なんだと本当に思いました。

我英語教室のご両親方に本当に分かってもらいたいのが、英語は特 技ではなく、ただのコミュニケーションツールであること。だから 、子供たちは自分のスペシャリティーを持たないといけない。その スペシャリティーの場に英語でのコミュニケーション力を使い、幅 を広げる。

英語教室で3か月に1度のプレゼンテーションの場の重要性。年に 4回しかないプレゼンテーションの場。そしてその中のたった1回 が大きな会場でのプレゼンテーション。もしかしたら、ご両親の中 には、「またプレゼン。」「もう、たいへん。」「大勢の前でだと 子供がやりたくないって言うから、クリスマスプレゼンテーション は欠席しま~す!」って思ってる方がいるかもしれません。

どうして英語をお子さんに習わせているの?「英語の先生にしたい から?」「英語が出来れば就職活動有利?」「英語が出来ればカッ コいい?」時代遅れの考え方に目を覚ましてほしいです。

少なくても、私はうちの英語教室の生徒たちには、将来、世界と対 等に戦える人間に育ってもらいたい。

ファミリー英語教室には、1年に4回。その中でたった1回が大き な会場でのプレゼンテーションをする場がある。年少児が一人でそ れも英語でプレゼンテーションをする場がある英語教室なんて、私 が知る限りどこにもない。プレゼンテーションは暗記大会ではない から、小さい時からこういった環境があって、練習しなければいけ ないと思う。

英語でのコミュニケーションも、相手の言っている事が聞き取れて 、自分の意見が言える。キャッチボールにならなくては、コミュニ ケーションが取れるとは言えない。「アメリカ人の英語は分かるけ ど、中国人の英語は聞き取りにくいから分からない!」これでは英 語を共通語として会話することはできない。誰とでも、どんなアク セントの英語でも、理解できて、はじめてコミュニケーションが世 界と出来る事になる。

英語教室を初めて8年目になります。最初からずっとこのスタンス でやってきました。日に日に、自分が子供たちに英語を教えている 方向性がやっと少しずつ分かってもらえる場面が、メディアなどか らも理解してもらえる環境になった気がします。次は、英語を習わ せてるご両親がそこに気づいてほしいです。

是非、分かっていただきたい。日本とニューヨークを見てきた私が 、日本の教育に足りないものは何かと考え、英語が出来る子供にな ってもらうのではなく、世界と対等に戦える子供を育てる英語教室 を作っている事を。そして、ファミリー英語教室で行っている全て の事に意味がある事を。

Posted by AyanoNozaki